化粧水に含まれる成分で何が安全で何がよくないのか理解しよう

「肌に優しくて、潤いたっぷりで、皺はもちろんクスミやたるみも解消できて、美白効果のある化粧水がいいな♪」

 

でも、化粧水のどの成分がどのような効果をもたらすか知っている人はほとんどいません。化粧水の成分表示には見たこともない言葉が並んでいます。かろうじて何かのエキスが入っているのを確認できるかもしれませんが、それが一体どんな効能があるのかまではわからないでしょう。

 

本カテゴリーでは化粧水に含まれる成分で大事なものを解説していきます。大事な成分の特徴・効果がわかれば、その成分が含まれる化粧水を選べば間違いありません。逆に何が危険(よくない)か知っておけば、その成分が含まれる化粧水を避ければ安全です。

 

成分分析や解析を見てもメーカーの都合の良いように歪曲されていることも多々あります。だから私たち自身が化粧水に関連する知識を持ち、自身で判断する力をつけることが大切です。

 

その参考資料として、以下にまとめた化粧水の成分に関する記事をご覧ください。

化粧水の成分記事一覧

ビタミンCは成分が壊れやすく肌に浸透しにくい性質を持っています。そのため化粧水には化合物が添加されたビタミンC誘導体が配合されています。ビタミンC誘導体には水溶性、脂溶性、両性の3つの種類があり、それぞれの特徴・効果・注意点をまとめました。
化粧水に含まれる豆乳イソフラボンは美肌からアンチエイジングまでマルチに活躍してくれる成分です。豆乳イソフラボンの特徴と化粧水で期待できる美肌効果を解説します。