あなたの化粧水は大丈夫?保存期間と保管方法を要チェック!

近頃は化粧水もバラエティー豊かで色々試してみたくなりますよね。その結果、使いきれていない化粧水がたくさん…なんて経験ありませんか?しかも期限が明記されていないものが多くて、いつまで使えるのかよく分かりません。

 

何気なく使っている化粧水がもし劣化していたら、ちょっと怖いですよね。でもその可能性はまったくのゼロではないのです。せっかくお手入れしていても、肌にとって逆効果かもしれません。

 

スキンケアはまず正しい知識を身につけることが大切です!化粧水の保存期間と保管方法を知ることで、今日から肌のお手入れをランクアップさせましょう。

 

 

保存期間は開封前後で大きく変わる

開封する前の化粧水は、製造日から常温で約3年の保存が可能となっています。しかしこれは、あくまで整った環境下で保管されたものに限られます。化粧品全般に適用されることですが、未開封で3年以上品質保持できる製品には期限や製造日の記載義務がありません。そのため購入した時点で、作られてから何年経つか分からないのが現状です。

 

基本的に匂いや色、使用感に異常がなければ使用しても問題ありませんが、気になる人はパッケージに表示されたロット番号を確認してみましょう。メーカーに問合わせれば製造日を教えてくれます。試供品に関しては、製造日の特定が難しいため1年以内に使うようにしてください。

 

一度開封した化粧水は半年以内、長くても1年をメドに使い切ります。保存料無添加であれば、さらに酸化しやすくなります。複数の化粧水を併用したい場合は、使用開始した日にちを記入するクセをつけておきましょう。半年近く経ったものは早く消費するために、ボディ用やパックとして使うのがお勧めです。

 

 

温度がポイント!正しい保管方法

一般的に、直射日光や高温多湿を避けた場所で保管します。これは未開封のものでも同じです。開封済みの場合、冷蔵庫に入れた方が長持ちするような気がしますが、それは大間違いです。むしろ出し入れのときに生じる急激な温度差により劣化します。保存料が含まれていない無添加系の化粧水は冷蔵保存を勧める場合がありますが、とくに指示がなければ常温でOKなのです。

 

どうしても冷やして使いたいときは、ポーチに入れたり新聞紙に包んでから野菜室で保管し、使用後は速やかに戻します。夏場に室温が高くなりすぎる場合にも有効な保存方法です。

 

また普段の扱い方にも注意が必要です。とくに無添加のものは雑菌が繁殖する可能性が高くなります。それを防ぐ手段として、化粧水を出すときは手やコットンから少し離すだけでも有効です。使用後はボトルのフタや口元をティッシュで拭き、しっかりと閉めましょう。これだけで雑菌の混入や酸化のリスクをかなり下げることができます。定期的に除菌ティッシュなどで容器を拭いておくと、さらに安心して使えますね。

 

 

鮮度がキレイを左右する

化粧水を洗面所に置く人も多いかと思いますが、お風呂場が近い場合は湿気の影響を受けやすいので、必ず洗面台の棚にしまいましょう。最適な保管場所は、水気のない寝室やリビングなどです。プレ保湿用の化粧水は洗面台の棚に、いつものお手入れ用の化粧水は寝室に、と分けて保存するのがベストです。

 

最近人気の高い詰め替えタイプの化粧水も、一歩間違えれば菌の温床になりかねません。ちゃんと洗浄しても、水分が残っていればそれが菌のエサとなります。しっかりと乾燥させてから詰め替えることが大切です。とはいえ化粧水は毎日使うものですから、容器を2つ用意しておくと便利ですね。

 

化粧水は鮮度が命です。洗顔後の肌に一番最初につけるものですから、新鮮なうちに使いたいものです。保管と保存期限に気をつけて、化粧水の効果を最大限に活かしましょう!

関連ページ

化粧水のタイミング
化粧水は洗顔後5分以内につけるのがベストタイミングです。化粧水後の乳液やクリームは自分の肌の状況に合わせてタイミングを計ることで保湿効果を高めることができます。
化粧水の役割
化粧水をなんのために使うのかわからない人のために、化粧水の役割やメリットを解説しています。目的を理解すれば、より効果的なスキンケアができます。
正しい付け方
化粧水は手で付ける方法とコットンを使う方法があり、それぞれの正しい付け方を紹介します。パッティングは肌を傷つける原因になるので注意しましょう。化粧水の正しい付け方を学べば、化粧水の効果を100%引き出すことができて美肌を目指すことができます。
メンズ化粧水の選び方
男性の肌質の特性に合わせた適切なスキンケア方法を解説し、メンズ用化粧水の選び方をまとめました。男性の肌は女性よりもデリケートなので化粧水選びは非常に難しいですが、自分の肌質を見極めて必要な成分を含んだ化粧水を使うことが大事です。
化粧水は何歳から?
肌は筋肉と違い適切にスキンケアしないと荒れてしまいます。何歳からという一律な数字ではなく、メイクをし始めたら化粧水も使い始めるのがよいでしょう。そして自分の肌質に適した化粧水を使うことで効果的に保湿することができます。
化粧水の逆効果
化粧水は他の基礎化粧品の浸透力を高める効果がありますが、適量以上につけすぎると、過乾燥や毛穴の開き、皺などの逆効果を生む可能性もあります。自分の肌の状態に適した化粧水の量を正しくつけることで、逆効果を生まずにスキンケアをすることができます。
手作り化粧水
精製水とグリセリンで化粧水を手作りする方法をまとめました。乾燥肌、脂性肌、ニキビ肌、アンチエイジングを目指す肌質ごとにおすすめの化粧水成分も紹介しています。ただし精製水とグリセリンで手作りする化粧水は自己責任なので、肌に合わない場合もあります。