その瞬間が明暗を分ける!?化粧水をつけるベストなタイミング

スキンケアでお馴染みの化粧水、肌につけるタイミングって意識していますか?毎日何気なく適当に使っているあなた、ひょっとしたら無意味なお手入れをしているかもしれませんよ。

 

タイミングさえ掴めば、うるおいも化粧ノリもUPして美容液や乳液の効果も発揮できるので、知っておいて損はありません。化粧水さえあればすぐにでもチャレンジできます。今よりもっとみずみずしい肌をゲットしちゃいましょう!

 

 

洗顔後5分が決め手の化粧水

化粧水をつける一番効果的なタイミング、それは洗顔後です。「そんなのいつも実践してるよ」という声が聞こえてきそうですね。では洗ってすぐにつけたときと、時間が経ってからつけたときとに大きな差が生まれることはご存知ですか?

 

洗顔後は水を含んで肌がうるおっているように感じがちですが、それはあくまで肌表面が濡れているだけです。肌内部は水分不足になっており、肌は秒単位で乾燥し始めています。とくに入浴後は気化熱とともに蒸発しやすく、最も乾燥しやすい状態なのです。

 

時間をおくと角質に化粧水が浸透しにくくなるため、迅速に保湿できるかどうかが勝負どころです。できるだけ早く、遅くとも5分以内には化粧水をつけいところですが、意識していなければなかなか実践できないものです。タオルで顔を拭いたらすぐ化粧水、これだけで肌は格段に変わりはじめます。

 

また入浴中に化粧水やパックをつける人もいますが、これは発汗作用により効果が得られないのでお勧めしません。夏場のお風呂上りも汗をかいているため注意が必要です。冷たい化粧水などでプレ保湿しておき、汗がひいてからいつもの化粧水でお手入れするようにしましょう。

 

 

化粧水後のケアもタイミング命!

化粧水をつけた後、水分の蒸発を防ぐために乳液やクリームをつけますよね。実は乳液やクリームにも保湿効果を高めるためのタイミングがあります。3分は間をあけた方がいいという意見もありますが、肌質や季節によって乾燥するスピードは異なります。時間を目安にするのではなく、自分の肌の状態に合わせなければなりません

 

遅すぎても早すぎてもいけません。時間を置き過ぎると化粧水は乾燥してしまいますし、タミングが早いと化粧水と乳液が混ざったまま蒸発し、テカリの原因になります。肌がモチモチしっとりしたら、それが次のステップへ進む合図なのです。

 

ちなみに美容液を使う場合は、化粧水と乳液の間につけます。油分の多いものを先につけてしまうと膜をつくってしまうからです。メーカーによっても違いますが、基礎化粧品を使う順番は「サラサラした水っぽいものから先につける」と覚えておくとよいでしょう。いずれのアイテムも、肌に馴染んでから次のものを塗るのが鉄則です。

 

 

適度&迅速な保湿習慣

乾燥が気になるからといって1日に何度も保湿するのはNGです。基本的には朝と夜に行う洗顔後の2回で十分です。外出先の乾燥対策として手軽なスプレータイプの化粧水もありますが、使用の際は配合成分をしっかり確認しましょう。保湿成分が入っていなければ肌の水分を逆に奪ってしまうため、悪化させる可能性があります。

 

オフィスなどで乾燥対策をする場合は、乳液を使ってメイク直ししてしまうのが最も効果的です。乳液ならクレンジングと保湿の両方を兼ねることができるので、化粧水単品で使うよりもお勧めです。もし気になるならば乾燥肌におすすめの化粧水から選ぶとよいでしょう。

 

正しいタイミングで化粧水をつけることは、いきいきとした肌へ導くためのポイントです。これがシンプルかつ合理的で、一番簡単な美容法ともいえるでしょう。ちょっとしたケアの積み重ねが美肌へと続く道であり、習慣化することこそが健康的な肌を保ち続けるための秘訣なのです。

 



化粧水人気ランキングの商品紹介

関連ページ

化粧水の役割
化粧水をなんのために使うのかわからない人のために、化粧水の役割やメリットを解説しています。目的を理解すれば、より効果的なスキンケアができます。
正しい付け方
化粧水は手で付ける方法とコットンを使う方法があり、それぞれの正しい付け方を紹介します。パッティングは肌を傷つける原因になるので注意しましょう。化粧水の正しい付け方を学べば、化粧水の効果を100%引き出すことができて美肌を目指すことができます。
保存期間と保管方法
未開封の化粧水は常温で3年ほど保存が可能です。開封済みの場合は半年以内に使い切りましょう。化粧水の保存場所は湿気の少ない寝室やリビングがおすすめです。詰め替えタイプは雑菌が繁殖しやすいので綺麗に保つことが大事です。
メンズ化粧水の選び方
男性の肌質の特性に合わせた適切なスキンケア方法を解説し、メンズ用化粧水の選び方をまとめました。男性の肌は女性よりもデリケートなので化粧水選びは非常に難しいですが、自分の肌質を見極めて必要な成分を含んだ化粧水を使うことが大事です。
化粧水は何歳から?
肌は筋肉と違い適切にスキンケアしないと荒れてしまいます。何歳からという一律な数字ではなく、メイクをし始めたら化粧水も使い始めるのがよいでしょう。そして自分の肌質に適した化粧水を使うことで効果的に保湿することができます。
化粧水の逆効果
化粧水は他の基礎化粧品の浸透力を高める効果がありますが、適量以上につけすぎると、過乾燥や毛穴の開き、皺などの逆効果を生む可能性もあります。自分の肌の状態に適した化粧水の量を正しくつけることで、逆効果を生まずにスキンケアをすることができます。
手作り化粧水
精製水とグリセリンで化粧水を手作りする方法をまとめました。乾燥肌、脂性肌、ニキビ肌、アンチエイジングを目指す肌質ごとにおすすめの化粧水成分も紹介しています。ただし精製水とグリセリンで手作りする化粧水は自己責任なので、肌に合わない場合もあります。